赤ちゃんに多いアトピーは毎日のスキンケアで改善

充実したラインナップから

眠る赤ん坊

ベビーカーは機能性やデザインも充実しており海外ブランドも人気があります。大きさや重量、使い勝手など自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。お子様の成長に合わせて使い分けたりレンタルを利用することもできるのでお得に活用しましょう。

詳しくはこちら

短期間の使用におすすめ

乳児

近年、ベビー用品をレンタルする人が増加してきました。人気の理由として、成長に合わせて買い替えが必要なアイテムが多いことが挙げられます。特にチャイルドシートやベビーカーなどがこれに当たります。レンタルを利用する際には、専門店を利用することや衛生管理をしっかりとしているところを利用しましょう。

詳しくはこちら

グングン良くなる入浴法

赤ちゃん

痒くならないお風呂の温度

アトピーの赤ちゃんをお風呂に入れる時に注意したいのが、お湯の温度です。赤ちゃんのアトピーは、身体の温度が上がると痒みが強くなる可能性があります。神経質になる必要は全然ありませんが、少しぬるめを意識してお湯を入れるだけで赤ちゃんをアトピーの痒みから守ることができます。具体的には、夏なら38度、冬場は40度を目安にするとちょうど良いでしょう。アトピー赤ちゃんを育てた先輩ママの多くも、お湯の温度を下げただけで痒がらなくなったと報告しています。湯船に入る時間も10分を超えないようにすれば、体温が上がりすぎることはありません。入浴剤を入れるべきかどうかは肌の状態にもよるので、迷ったら担当のお医者さんに聞くのが一番です。対策次第で痒みは大幅に軽減できますので、安心して下さい。

炎症部分の洗い方

アトピーの赤ちゃんは、肌が炎症を起こすことがあります。カサカサしているのでお風呂で洗っても大丈夫かしら、と心配になるかも知れませんが、洗浄OKです。むしろ肌が不衛生な状態になるのは避けるべきです。ステロイドなどの薬を塗っている場合は特に、毎日お風呂に入って汚れを洗い流す必要があります。お湯だけだと薬の汚れや皮脂汚れが落ちにくいので、刺激の少ない無添加ベビーソープで優しく洗ってあげましょう。ポイントは、炎症を起こしている部分を刺激しないように、泡だけで洗うことです。モコモコした泡で撫でるように洗えば、皮膚にダメージを与えずに汚れだけを落とすことができます。撫で洗いを続けるうちに、次第に炎症も引いてくるはずです。こういった正しいケア方法を守ることで、アトピーの悪化を予防することができます。

成長のための必須アイテム

ミルクを飲む赤ちゃん

水筒は乳幼児を持つ母親の必須アイテムです。離乳食がスタートすることから、徐々に水分補給をする必要がでてくるため水筒を利用する人が多いのです。こぼさずに利用できる点や携帯出来る点などが、多くの人から利用されている理由です。

詳しくはこちら