赤ちゃんに多いアトピーは毎日のスキンケアで改善

成長のための必須アイテム

ミルクを飲む赤ちゃん

成長に合わせて形状が変化

赤ちゃんが生まれて、離乳食が始まるころに必要になるのが水筒です。始めのうちは白湯や果汁などを少量飲ませることができるマグタイプの水筒を利用する人が多く、飲み口もストローではなく哺乳瓶に付けるような乳首タイプかスパウトタイプが主流です。ストローで飲めるようになったころから、徐々に飲む量も増えるため、マグ以外に水筒を用意する人も多い傾向です。お出かけの時や日常の水分補給には水筒が欠かせなく、成長に合わせて形状や大きさを買えかえる必要があります。ママバッグに入りやすいものや、中の水分が漏れないタイプなどが特に人気の傾向です。コップで上手に飲めるようになるまでは、自宅でも水筒を使用する人が多いのが特徴です。

飲ませやすいのが理由

水筒に入れて赤ちゃんに水分補給をするのが人気なのは、こぼさずに飲ませることが出来る点です。一度に沢山の量を飲むことができないため、こまめに水分補給をする必要があり、常に準備しておくことが大切です。特に外出先ではすぐに飲み物が手に入らない場合も多く、ペットボトルなどから飲む場合にはこぼしてしまうリスクもあるのです。このため、水筒を利用して常に持ち歩く母親が多いのです。特に夏場や公園に出かける時には、必ずバッグに入れて持ち歩いている人が多い傾向です。保冷作用のあるものや、軽いプラスチックタイプのものが特に人気であり、子供が喜ぶキャラクターやイラストが描かれているアイテムが人気です。飲ませやすく携帯することが出来る点が多くの母親から支持されています。